常設現像タンク

カラーネガの現像のお話。

衣装ケースにお湯を入れ、処理液を入れた100mm径のエンビパイプを漬け込んで、熱帯魚用のヒーターで一定温度に保温しておけば、お好きなときに何時でも現像OK♪
フィルムをリールに巻いてドボ~ンと!
何も難しいことはありません♪

詳しくは、いろいろな方がホームページで紹介されていますので、クグッてみてご参考にしてください~



f0213699_19345729.jpg


↑こんな感じでやってます~(笑)
手前の3本がフィルム現像用で、発色現像・漂白・定着の各液。
後ろの2本はプリント用になってます。


小型タンクで現像する時の準備や後片付けを考えれば、かなり楽チンです♪
几帳面ではない私の性格にピッタリのシステムです(笑)
さらに処理液は補充しながら使いまわしをしているので、現像代がめちゃくちゃ安く上がります!
浮かせた減増代をお酒にまわすのも良し(爆)、フィルムの消費にまわして消滅するのを防ぐという、重要な任務を遂行するのもよろしいかと思います。


こう簡単なシステムにしてしまうと、モノクロ現像が億劫になってしまって、未現像のモノクロフィルムが溜まっていくわけでして・・・(汗)
で↓前のエントリーのような事を考えたわけですね♪
[PR]
by chabin040 | 2010-05-24 20:03 | 暗室 | Comments(8)
Commented by vest_hell at 2010-05-25 23:08
見事なシステムであります。
プロラボが崩壊した際には活用させていただくのであります。
Commented by mirror_lock_up at 2010-05-26 10:10
カラー現像って簡単なんですか!?
モノクロ自家現像やっているのですが用意、片付けで疲れてしまいます。
今度現像のレポートも拝見したいな~(^^)
Commented by chabin040 at 2010-05-26 10:50
★ひらりんさま
フィルムさえ残ればなんとかなる体制であります♪
Commented by chabin040 at 2010-05-26 10:50
★MLUさま
カラー現像、意外と簡単ですよ~
温度管理が難しいと言われてますが、こうやってお湯に漬けておけばいいわけですから。
リールに巻き始めてから片づけまで30分あれば終わります(笑)
Commented by 星烏 at 2010-07-02 20:31 x
ウチ、同居人さんがデンコちゃん並みの節電大魔神なので、これだけは
実現可能性ゼロ! T^T
ラボが全滅したら全力で説得します。 ^^;;;
Commented by chabin040 at 2010-07-02 22:58
★星烏さま
熱帯魚を飼うのと同じですから~(笑)

「デンコちゃん」
ミソニコの本場地方の方は、???でしょうね~(笑)
Commented by jack at 2010-07-05 21:05 x
こんにちは、河本さん?の「だいたいこんな感じ」から来ました。モノクロ現像まではやってます。
塩ビパイプにコンテナと熱帯魚用ヒーターですか!
これだけでかいと置くところが...でもこれでカラー現像できるなら。
こんどやってみようっと。
Commented by chabin040 at 2010-07-05 23:02
★jackさま
こんばんは&はじめまして♪
普通のタンクでもカラー現像できますが、縦鼻やら温度管理とか考えると、なかなかメンドーになったりしますよね。
この方法なら、カラー現像はチョーお手軽ですよ♪
逆にモノクロ現像の方が難しいような気がしています・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ぶらり乞田川の旅 実験 >>